人気ブログランキング | 話題のタグを見る
はっきりと選択すべき抗癌剤が定まっていないrefractory relapseでの抗癌剤の選択に有用かもしれません。

目的:アムルビシン単剤療法は再発小細胞肺癌(SCLC)患者の治療の選択肢である。アムルビシンの標的であるトポイソメラーゼⅡ(Topo-Ⅱ)は様々な悪性腫瘍患者での化学療法への反応性や予後に対する予測的、予後的マーカーであると報告されてきた。ここにアムルビシン単剤療法を施行した再発SCLC患者でのTopo-Ⅱの予後的役割を調べた。

方法:2004年から2015年の間に1次化学療法を行って進行した後にアムルビシン単剤療法を受けた再発SCLC患者83人を対象とした。医療記録から臨床データを後方視的に集め、外科的切除または生検によって得られた腫瘍検体でのTopo-Ⅱの発現レベルを免疫組織化学染色で評価し
た。

結果:登録患者の多くは高齢男性(89%)であり、年齢中央値は70歳(49-83)であった。これらの患者の16%がTopo-Ⅱの過剰発現を示した。Sensitive relapseと比べて、refractory relapseの患者では有意にTopo-Ⅱの発現レベルが高かった(p=0.03)。全奏効率はTopo-Ⅱの発現レベルが高い患者で38.5%であり、低い患者で25.7%であった(p=0.34)。多変量解析ではTopo-Ⅱの発現レベルが高い患者は低い患者と比べて無増悪生存期間(hazard ratio (HR), 0.39; p<0.01)と全生存期間(HR, 0.48; p=0.04)が長かった。

結論:Topo-Ⅱ発現はTopo-Ⅱ阻害剤であるアムルビシンによる治療を受けた再発SCLC患者において良好な予後を予測する有意なバイオマーカーであることを同定した。このようにTopo-Ⅱ発現はアムルビシンの効果の有用な予測因子でありうる。

High expression of topoisomerase-II predicts favorable clinical outcomes in patients with relapsed small cell lung cancers receiving amrubicin
lung cancer January 2018Volume 115, Pages 42–48
# by eijurespiratory | 2017-12-17 10:00 | 腫瘍
背景:肺癌術後の喉頭疾患は術後合併症と死亡とに関連する。本研究の目的はルーチンの内視鏡的評価の有用性を評価することである。

方法:手術後24時間以内に喉頭鏡を使って声帯病理を前向きに評価した。25か月に渡って、276人の患者に胸腔手術を施行した。以前に喉頭摘出術を施行された患者や声帯麻痺のある患者、術後早期に再創刊した患者や喉頭鏡に同意を得られなかった患者26人を除外した。喉頭鏡のデータは標準的過程を行って報告し、声帯麻痺、青色水による検査を使って検知した誤嚥を伴う嚥下障害、声帯血種を記録した。

結果:250人の患者の中で、13人(5.2%9の患者が声帯麻痺と診断され、それは術後肺炎(p=0.03)、術後気管支鏡検査(p=0.01)、再挿管(p=0.007)の高い割合、90日死亡率の増加傾向(p=0.09)と関連した。誤嚥を伴なう嚥下障害は18人(7.2%)の患者で診断され、術後肺炎(p=0.007)、術後気管支鏡検査(p=0.01)、再挿管(p=0.004)、90日死亡(p=0.03)の高い割合と関連した。声帯血種は28人(11.2%)の患者で診断され、術後合併症や死亡の増加とは関連しなかった。

結論:術後喉頭鏡評価は胸腔手術後の喉頭疾患の診断に効果的である。ルーチンでの喉頭鏡による評価は臨床的に不顕性の嚥下障害を検知し、早期に治療介入を導き、呼吸器合併症を防ぐかもしれない。

Usefulness of a routine endoscopic assessment of laryngeal lesions after lung cancer surgery
Respirology. 2018 Jan;23(1):107-110. doi: 10.1111/resp.13139. Epub 2017 Aug 4.
# by eijurespiratory | 2017-12-16 10:00 | 腫瘍
COPDを有していなくてもスタチンの投与を検討する方にはやはり効果的ということではないかと思います。

背景:COPD患者の治療でのスタチンの位置に関しては多くの論争が続いている。このシステマティックレビューとメタアナリシスはCOPDでのスタチン両方の臨床的効果を調べることを目的とした。

方法:MEDLINE、EMBASE、the Cochrane Database、PubMedで関連する臨床研究を検索した。COPD患者軍でのプラシーボとスタチンの効果を比較したランダム化コントロール試験(RCT)を対象とした。ランダム効果モデルを使ってプール化した評価を計算した。異質性をI2統計値を使って決めた。

結果:10の試験で合計で1471人を対象とした。スタチンの治療は運動耐用能、呼吸機能、SGRQスコアにおいてプラシーボと比べて大きな改善させたが、炎症性マーカー、全原因による死亡、安全性アウトカムにおいては統計学的な有意差はなかった。しかしながら、心血管疾患(CVD)、ベースラインのCRP高値、高コレステロール値を合併する試験登録患者でのサブグループ解析ではスタチンは臨床予後を改善することが示された。

結論:このシステマティックレビューの結果はCOPDとCVDや全身性炎症や高脂血症を合併する患者においては運動耐用能、呼吸機能を改善させることを示唆する。これらの結果はこの仮説を試験しスタチンを使用する適切な患者を同定するために特別にデザインされたRCTで確認される必要がある。

Effect of Statins on COPD: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials
Chest. 2017 Dec;152(6):1159-1168. doi: 10.1016/j.chest.2017.08.015. Epub 2017 Aug 25.

# by eijurespiratory | 2017-12-15 10:00 | COPD
この論文ではEGFR-TKI投与後にPD-L1の発現が増加する論文が引用されていましたが、逆の報告もあります。

目的:肺腺癌においてPD-L1発現は喫煙歴とEGFR遺伝子野生型と関連することが報告されている。しかしながら、PD-L1発現とEGFR遺伝子変異陽性の肺腺癌におけるEGFR変異部位との間の関連性は不明である。

方法:PD-L1発現とEGFRの状態との間の関連性を外科的切除を行った原発性肺腺癌患者441人で後方視的に調べた。腫瘍細胞の細胞膜PD-L1発現をPD-L1抗体(clone SP142)を使って免疫組織化学的分析で評価し、腫瘍割合スコア(TPS)で0%、1-4%、5-49%、≧50%で定義した。

結果:280人(49.4%)がEGFR野生型であり、223人(50.6%)がEGFR遺伝子変異陽性であり、98人(44.0%9がexon 19 deletion、116人(52.0%9がexon 21 L858R、9人(4%)が他のEGFR院電子変異であった。フィッシャーの正確確率検定でPD-L1陽性はEGFR野生型と関連することがみられ、EGFR遺伝子変異陽性患者の間でたった1人がPD-L1 TPS≧50%であった。EGFR遺伝子変異陽性患者の解析からはEGFR変異部位とPD-L1の発現の間には有意な関連はないことが示された。しかしながら、PD-L1 TPS 5-49%はexon 19 deletionの患者においてexon 21 L858Rの患者よりも多く認められた。

結論:PD-L1発現はEGFR遺伝子野生型と有意に関連し、PD-L1 TPS≧50%とdriver遺伝子であるEGFR遺伝子変異の存在は滅多にかぶらなかった。EGFR遺伝子変異部位の間でPD-L1発現の有意な差は認められなかった。

PD-L1 expression according to the EGFR status in primary lung adenocarcinoma
Lung Cancer Volume 116, February 2018, Pages 1–6
# by eijurespiratory | 2017-12-14 10:00 | 腫瘍
以前のNEJMの論文では心血管イベントの2次予防とならないという結論ではありました。

 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)を合併した冠動脈疾患(CAD)はOSAを合併しないCAD患者と比べて主要有害心血管および脳血管イベント(MACCEs)のリスクが増加する。OSA患者が治療されているときに両群でリスクが同等であるかを調べることを目的とした。
 本試験は2005年から2013年の間にスウェーデンで行われたランダム化コントロール試験であるRICCADSA試験のパラレル観察アームである。血管再建術を行ったCADと日中の眠気を伴ったOSA(AHI≧15events/h、ESS≧10)の患者にCPAPを提案した(n=155)。眠気のある患者を無治療へとランダム化することは倫理的に実現できないので、OSAを伴わないCAD患者(AHI<5events/h)をコントロール群とした(n=112)。主要エンドポイントはMACCEsの初回イベントとした。観察期間中央値は57か月であった。MACCEsの発生率はOSAを合併した患者では23.2%、合併していない患者では16.1%であった(adjusted hazard ratio 0.96, 95% CI 0.40–2.31; p=0.923)。年齢と血行再建術既往はMACCEsのリスクの増加と関連した一方、ベースラインでの冠動脈バイパス術はリスクの減少と関連した。
 MACCEsのリスクはCPAPで治療を行っている眠気のあるOSA合併のCAD患者においてOSAを合併しない患者と比べて増加しなかった。

Outcomes in coronary artery disease patients with sleepy obstructive sleep apnoea on CPAP
European Respiratory Journal 2017 50: 1700749; DOI: 10.1183/13993003.00749-2017
# by eijurespiratory | 2017-12-13 10:00 | SAS

医療従事者向けの話題や当院での活動に関して発信します。


by eijurespiratory